1. HOME
  2. ブログ
  3. 心と身体のマネジメント
  4. 心のリフレッシュ~やさしさに包まれたなら~

BLOG

ブログ

心と身体のマネジメント

心のリフレッシュ~やさしさに包まれたなら~

こんにちは。

”自分らしさ”をテーマに「働く世代」が輝くすべてをサポートするハーモナイズコーチの眞橋今日子です。

新型コロナによる影響が大きく、ネガティブな報道ばかりがある中、もうしばらく前から、この集まりをやりたい!という思いを持っていました。

それは”やさしさ”について語り合うこと。

“やさしさ”を語ろう!心のリフレッシュ~やさしさに包まれたなら~

ようやくGWに開催することができました。

今の日本、いやいや世界の状況から、流れてくるニュースには心が苦しくなるばかり。
日々の生活はこれまでとはまったく違ってきていて、心配や不安を抱えている方もきっと多いかと思います。

頑張る時ではあるけれど、ネガティブな話ばかりでは心が疲弊してきてしまいます。 そうなったらこれからに立ち向かえないぞーー

なので、ここでは思いっ切り、”やさしさ”を語って”やさしさ”に触れる時間としていきました。

今回は、それぞれの皆さまが感じる”やさしさ”とそこからの気付きについて。

  1. 目次
  2. なぜ今、”やさしさ”を語るのか
  3. “やさしさ”って何だろう
  4. “やさしさ”の記憶と気持ち
  5. これから、すぐにできること

なぜ今、”やさしさ”を語るのか

コロナ鬱やコロナ離婚だなんて、そこまでではないにしろ、私自身もいつの間にか結構ナイーブな状態になっていたように思います。

だからこそ、同じような状況で苦しんでいる、困っている方がきっといる。だからみんなで話せる機会をつくらなきゃ、って。
勝手な使命感ですけどね。そうせずにはいられなかった。

ですので、今回はネガティブは一切なし。ご参加いただいた皆様には、思い切ってポジティブな気をいっぱい吸い込んでお帰りいただくことを使命としました。

身体は外にはなかなか行けないけれど、心や意識は自由自在。どこにだって飛んで行けるのです。

心が穏やかに、
気持ちがほっこりと安らいで、
きっとよく眠れますように、
そんな思いで語る場を整えました。

やさしい気持で目覚めた朝は、きっと何かが起こるかも~って。

“やさしさ”って何だろう

考えてみたことはありますか?
やさしさって何?

「自己コントロールかな~」 って方がいらしたり、
「考えたことがなかった」 って方がいらしたり。

心地よいもの
癒される
ポジティブになれる
強さが必要

様々な言葉が溢れてきました。

ここは安心安全な場所だから、自由に発言してよいのです。
人の思いに正しいも正しくないもありませんからね。

ここでちょっとご参加の方の感想をご紹介させていただきます。

やさしさの捉え方がひとりひとりで違う、ということに改めて気づきました。
また、日頃自分で感じていることを言葉で表現することにもっと慣れていければ、と思いました。

OYさん

“やさしさ”の記憶と気持ち

小さい頃はどんなことを思っていた?
どんな夢を描いていた?

これまでの人生で、やさしくされた時のことを思い起こしていただきました。

見守っていてくれた
心に染みた
思いやってくれた
つながりを感じた

やさしさの記憶は多くの場合、自分がつらかった時、悲しかった時、しんどかった時とリンクしているようです。

そしてやさしさを受けた時に感じるのは、
嬉しさ
感謝
といったポジティブな感情が、じんわりとあたたかく心に染み入る、そんな感覚のよう。

ゆるりと心の森林浴に出掛けていただけたかな。

これから、すぐにできること

自分自身が不安定であったり、余裕がなかったりすると、なかなか人にやさしくなれないものですよね。

そういった中で、
「自分の関わり方を変えていく」といったお声もあり、
この辺りはアンガーマネジメントとも関連してくる部分かなぁと思います。

また個人的には、「やさしさは身近にある」という言葉が印象的でした。


“やさしさ”って『幸せの青い鳥』みたいだなぁと。
子供の頃に繰り返し読んだ童話を懐かしく思い出し、実は少しばかりウルっと目が熱くなりました。

これから役に立つ考えが生まれたり、自分が大切にしてきたきもちを思い出すことができました!周りの人への優しさと勇気を忘れずにいきたいなと思いました。
こんな時期に素敵な時間を過ごせました!

KAさん

他者との会話やコミュニケーションで、あるいは困っている人に寄り添ったりと、この体験を職場やコミュニティの場などで、活かしていっていただけそうでよかった。

皆さんが心をほっこりとあたためてくださっているのがモニター越しでも伝わってくる、私にとってもやさしさに包まれたあたたかなひとときとなりました。

この記事を書いた人

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事